スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:-- 】 | スポンサー広告 |
お義父さんの誕生日
今日はお義父さんの誕生日!
…という事実を知ったのは、ちょうど一週間前のこと。
私「婚姻届を出すために取ってきた戸籍抄本、二人の分をまとめて保管しておこうよー。うっかりなくしたりすると困るからさー。」
彼「そうだね。今、持ってくるよ。」
と持ってきたのが戸籍謄本。謄本は個人の記載しかない抄本と違って家族全員の戸籍を見ることが出来ます。
私「アハハハ?。抄本で事足りたのに?」
彼「そっか、そうなのか?。」
二人で笑いながら、何の気なしに彼の謄本を見ていると、ある事実に気が付きました。
私「あっ!お義父さんの誕生日って今月の20日じゃん! …ということは丁度一週間後じゃん!!」
彼「へぇ?。そうだったんか。すっかり忘れてた。…というか正確に日にちを把握してなかった。(^^;」
私「ォィォィ...。それじゃぁ困るよ。(-o-; やっぱりお義父さんもお義母さんも息子夫婦に誕生日を祝ってもらったりしたら、きっと喜んでくれるじゃない!! きっと一気に5ポイントぐらい好感度アップだよ!ねっ、ねっ!二人でプレゼントあげようよ?! おっと、そぅそぅ、じゃぁ、お義母さんの誕生日はいつ?」
彼「オレ、おふくろの誕生日もあやふやだなぁ…。えぇと、3月の…何日だったかナァ?」
私「ダメだこりゃ。(^_^; ふぅ…、やっぱり彼は謄本持ってきて正解だったね。こんな形で役立つとはねぇ…。」
彼「やっぱりオレのやることっつーのはパーフェクトだな、うん。(^o^)」
私「違うでしょっ!!!!!」(ポカッ)
…とまぁ、漫才師のようなやりとりを経て今日に至りました。
プレゼントを何にしようか迷ったのですが、お酒とポロシャツをという二段構えで望むことにしました。
とはいえ、やはり彼の実家に行くのは緊張するというもの。
正直、長居はしたくありません。
彼「じゃ、pm7:30に八王子で待ってるよ。…で、今日の夕飯どうする? オレの実家で食べていくか?」
私「えっ!?(^^; う?ん...。なるべくならご飯を食べるようなシチュエーションはイヤなんだけど…。
  『この後チョット用事があるので』っておいとまするってのはダメかなぁ。」
彼「そりゃ、かーなーりー不自然でしょ。(^^;」
私「じゃ、体調が思わしくないので、って。(^^;;」
彼「そんなこと言うと心配しちゃうよ。」
私「うーんうーん...(^^;;;;;;;;;;;」
彼「ま、分かったよ。先手必勝で『ご飯はいらんよ』って言ってみるからさ。」
私「ウンウン!恩に着るよ!」
ホントは『逃げ』みたいな行為はあまり取りたくないのですが、やはり彼の実家は敷居が高い、というか馴染みにくい、というか…、構えてしまうんですよね。
「仲良くしたい!」という気持ちと全く正反対の「あまりお近づきになりたくない」という気持ちが交錯している私。
自分でもどう処理すればいいのか分からない複雑な思いです。
ま、今日のところは平穏に過ごせるなぁ、と気軽な気持ちで定時後に八王子に向かうと…
彼「実は、『寿司でも取ろうと思ってるんだ』っておふくろに言われちゃって断りきれなかったんよ。今夜は実家で飯を食べていこうよ。」
私「エーッ!!!!!そんな心づもりはないから、こんなボヨヨンとした格好で来ちゃったよー! イヤだー!!」
彼「そんなの大丈夫だよ。ねっ、せっかくだから食べていこうよ。」
私「ウゥッ...。仕方ないね...。(ToT)」
と、泣く泣く彼の実家で夕飯を取ることと相成りました。
駅から彼の実家までの道のり、憂鬱で憂鬱で仕方ありませんでした。
 あぁ、この信号、赤になったまま壊れてしまえばいいのに…
しかし、車は無事に彼の実家に到着。心臓バクバクで、家に入ります。
「こんばんは?。お邪魔します?。」
恐る恐る家へあがると…、飛びかかってきましたよ、犬が…!!!
ワンッワンッ!!と吠えながら、私の足をカジカジしています。
 ギャーーーーー! 咬まれるーーーーーーーー!(TOT)
小学生の頃に太股を咬まれた体験がトラウマとなり、私はかわいい顔をした小型犬にもビビッてしまうほど犬が恐い!
実際、飛びかかってきたワンちゃんはマルチーズ(それもかなり老犬)で、咬んだりなんてしないお利口な犬なのに、頭をなでることさえ出来ない!!!
さすがにその様子を察した彼のお義母さんが
「あらあら。そんなに怖がらなくても大丈夫よ。」
と一言。
「はぁ…。(^^;;;;;;」
と困惑する私を見た彼が
「ご飯の間は二階のオレの部屋に入っていてもらおう」
と言ってくれました。
ふぅ、一安心、と思ったのも束の間、気付けばこの部屋には私と彼の両親の三人きりになっていました。
 な、な、なんだか気まずいぞ・・・・・・  と、と、とりあえず…、プレゼントだーー!
私「お義父さん、お誕生日おめでとうございます。これ、私と彼からのプレゼントです。・・・あ、いや、せっかくだから彼が来てから渡した方がいいですね。(^^;;;;;;;;;;;」
お義父さん「そうするかい?(^^;」
 アァ、苦しすぎる会話。早く彼が戻ってきてくれないと困るよぉー!(^^;
と心の中で念じていると彼が部屋に戻ってきました!
 さぁ!プレゼントを一緒に…!
と思った矢先、
お義母さん「部屋の電気は付けてきた?」
彼「いや、消してきちゃったけど。」
お義母さん「真っ暗じゃ可哀想じゃない。付けてきてよ。」
彼「そんなぁ、いーじゃない別に。(^o^;」
なんて会話を展開しています。すかさず
私「付けてきてあげなよ。真っ暗だとやっぱり犬が可哀想だよ。」
と一言。
彼「ハイハイ、分かりました。電気をつけてきますよ。(^o^;」
そう言うと彼はまた階段を駆け上がっていってしまいました。そしてまた私と彼の両親の三人になりました・・・・。
 エーーーーイ! プレゼントは二つあるんだからひとつは私の手からあげてしまえーーーー!
と勢いでお酒を先にプレゼントしてしまった私。(*^^*)
お義父さん「オ?、ありがとう。中身は何かナァ。」
お義母さん「せっかくだから開けて見せてよ?。」
こんなやりとりの後、開封すると明らかに嬉しそうな表情を浮かべるお義父さん!!
お義父さん「高いお酒なのに、悪いねぇ。オレはねぇ、お酒の善し悪しだけは分かるんだよぉー。その他の事はさっぱりなんだけどさ。(笑)」
私「以前の会食でこのお酒を気に入られていたようなので、今回のプレゼントにしようと思いついたんです!気に入って頂けて嬉しいです!」
心の中で「ビンゴ!!!!」と叫ぶ私。こうなると私の本領発揮ってなペースになってきます。
私「でもあんまり飲み過ぎないで下さいね。結婚式の前に身体を壊したら大変ですよ。アハハ?」
お義母さん「そうよ。飲み過ぎはダメよ。」
オォ、あんなにココへ来るのを嫌がっていたとは思えないほど弾む会話。(^O^)
お義父さん「でも今夜、チョット飲んでみてもいいでしょ、せっかくだから。」
お義母さん「チョットですよ、チョット。実は明日も早朝から仕事があるんですよ。だから、今夜は泥酔してもらっちゃ困るのよ。(^^;」
私「土曜日もお仕事ですか!」
お義父さん「明日は機械の搬入があって、朝早くから出掛けるんだよ。」
そんな会話をしているとようやく彼が戻ってきました。
もうひとつのプレゼント、ポロシャツは彼の見立てだったので、彼の手からお義父さんに進呈。
お義父さん「何だか照れるなぁ?。似合うかぁ??」
なんて素直に照れてしまうお義父さんに、見ている私も照れてしまいました。(笑)
そうこうしているとタイミング良く彼の妹さんも帰宅したので、みんなで揃ってお寿司を食べることになりました。
すっかり、打ち解けた私も彼のファミリーの会話に入り、あれこれ楽しい話ができました。
ご飯を終えると、妹さんが買ってきたケーキの出番!
ローソクに火を付け、電灯を消し、歌を歌ってお義父さんにローソクの火を吹き消してもらいました。
「おめでとうございますーーー!!」
真っ先に拍手する私。何だかノッてきました。(笑)
私は単純な生き物なので、うまく波に乗るといつまでも乗ってしまいます。
あんまり飲んではいけないお義父さんのコップが空になると、まぁまぁチョットだけ、なーんて言ってプレゼントしたお酒を注いでみたり...(苦笑)
ケーキの間も楽しい会話は続き、お開きになったのは10時を過ぎた頃でした。
私「今日はご馳走になってしまってすみませんでした。とっても楽しかったです。」
お義父さん「こちらこそありがとうね。お酒もポロシャツも大事にするよ。」
こうしてようやく二人で帰宅の途につきました。
帰る間の車中
彼「今日はどうもありがとね。おやじもおふくろもすごく喜んでたみたいだよ。」
私「私も行く前はあんなに憂鬱だった誕生日会だけど、あぁやって素直に喜んでくれると、もっともっとお義父さん、お義母さんと交流を持たなくちゃ!と思ったよ。」
と前向きな会話をしながら笑顔の帰宅となりました。(*^^*)
---
*後日談
こうして彼の実家と交流を持つようになったら、お義母さんが気を使って、実家のそばで売られている美味しい路地野菜を彼に持たせるようになりました。
彼「コレ、おふくろから。きゅうりはこんなに曲がっちゃっているけど味は保証するよ。」
私「いやいや、こーゆーふーに曲がっているのが本当のきゅうりの姿なんだよね!全然気にしないよ!」
きゅうりの他に季節の野菜を私たちに分けてくれるお義母さん。ありがとー!(^-^)
とぉーっても役に立っています!
スポンサーサイト

テーマ:結婚式までの道のり - ジャンル:結婚・家庭生活

【1999/08/20 00:00 】 | 未分類 |
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。