スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:-- 】 | スポンサー広告 |
新居で初クッキング&お洗濯!
今日は特に決めていた予定がなかったので、ゆっくりの起床。
今朝は彼のイビキがあまりひどくなかったので、十分睡眠時間を確保することが出来ました?♪ わぁ?い
それでも私の方が早く目覚めるので、雨戸を開け、朝の光を部屋の中へ入れます。
しかし、その光にも動じないほど彼はよく熟睡しています。
「朝食にホットケーキを焼こうと思ってたけど、彼がこの有様だし、先にお部屋の掃除でもするかー!」
…ということで、掃除機とクイックルワイパーを手に部屋の掃除を始めました。
部屋が狭いもので、あっという間に掃除は終了。
「ありゃー、簡単に掃除が終わっちゃったよ。さて次はどうしよう。。。」
貧乏性の私は何かしてないと落ち着かないので、動きたくて仕方がありません。
ふと目をやると洗濯物の山.....。
「洗濯機、使ってみようかなぁ…。初・全自動洗濯機、どんなもんかなぁ…。」
…というのも、我が家では未だに二層式の洗濯機を使っているため、全自動洗濯機文化がないのです。
右も左も分からないので、とりあえず取扱説明書を食い入るように読み始めました。
「なに?? どーしたの?」
ここでやっと彼が起きてきました。
「オォ。やっと起きてきたか。 いや、実はね、これから初お洗濯に挑戦しようと思って説明書を読んでいたんだけど、これ、スゴイね!」
「えっ? 何が?」
「これね、洗濯物を洗濯槽に放り込んで、スイッチオンすると、適切な洗剤の量を教えてくれるんだって!さーらに!注水も洗濯の量を見て適切な分だけ入れて勝手に洗濯が始まるんだって!!」
「うん。全自動っては大抵そんな感じだけど…。」
「へっ…、そうなの…?(^^; 我が家では洗剤の量も水の量も自分で計って入れなきゃならないし、洗濯が終わっても勝手に脱水してくれないから、わざわざ洗濯槽から脱水槽に洗濯物を移動しなくちゃいけないわけ。それが洗いとすすぎ、二度もあるもんだから、洗濯機につきっきりで洗わないとダメなんよ。それなのにコイツはスイッチ押して、洗剤入れておくと、洗い→脱水→すすぎ→脱水まで勝手にやってくれるんだねー!エライ! なんてエライんだーーーーー!!!!」
「はぁ、確かに二層式の洗濯機から全自動洗濯機を見れば一足飛びでびっくりするだろうけど、うちでは大分前から全自動だったから大して驚かないなぁ。」
「フン。つまらん。 いーよ。一人でこの感激をかみしめるから洗濯するから。フンだフンだ。」
「そうふてくされるなってーの。一緒にやってみようよ。オレもここまで最新の洗濯機は初めてだからさ。ね。」
「…ま、そーしましょっか!!!! じゃ、まず、洗濯物を掻き集めましょーー!」
てな訳で、Tシャツ、短パン、下着やタオルなど、ありったけの洗濯物を放り込んでみました。
そして、感動の瞬間、 スタートボタン、スイッチオン!
 ンガガー、ンガガー、ンガガー
数回撹拌した後、洗剤の量を示すボタンが点灯しました。
「おっ、このスプーンいっぱいに入れろ、って出たぞ。どれどれ入れてみよう。」
「…で、最後にこのフタを閉めて、終了ブザーが鳴るまでノータッチだよ。」
「ひょーー! スゴーーーーイ! 時代の流れについていけないよぉーーーーー!(汗)」
そうして洗濯機は勝手に注水し、そして勝手に洗い始めました。
「う?む。動作中、なるべくフタは開けないように、と書いてあるが…、ちょっと開けてみたいなぁ。どう思う?」
「いいんじゃない?(^^; 開けたぐらいで壊れたりはしないから。」
「そうだよね。 じゃ、遠慮なく・・・。」
フタを開けると、洗濯物が水しぶきを上げながら元気良く回転していました。
「オォ、かなりパワーあるね、こりゃ。確かにフタを開けっ放しだと水しぶきをまき散らしそうだから、閉めておいた方がいいね。」
静かにフタを閉め、終了ブザーを待つことにしました。
「さてと、その間、いよいよホットケーキを焼こうかね!」
「オッ。待ってました!」
「じゃ、準備するから、リビングでテレビでも見てくつろいでていーからね。」
「OK! 楽しみだなぁ?。」
ボールを取り出し、ホットケーキのタネを作り始めるワタクシ。
簡単な作業なので、あっという間に出来上がり! フライパンを火にかけ、いよいよ焼き始めます。
プ?ンと香ばしい香りがしてきたら、ひっくり返して…!
「わぁ?!!! 旨そうな色だーーー!! お腹が空いてきたよぉ?!」
自画自賛の私。
しかし、ホットケーキをのせられるような平らな皿がないことにハタと気付きました。
「ギャーーー! 何にのせよう。 そういえば皿がなかったこと、すっかり忘れてたー!」
「どうしたの?」
不意に彼が登場。
「いや、平らなお皿を買ってなかったなぁ、と。」
「そっかぁ。仕方ない、今日のところはこのカレー皿にのせて食べるしかないね。」
「カレー皿・・・・・。(^_^; 」
キレイに焼けたまん丸のホットケーキがカレー皿に無理矢理納められ、ヘニャリと歪んでいます。
「く、く、くやじぃーーーー! ね、これ食べ終わったら、お皿買いに行こうよ。」
「うん。いいよ、そうしよっか。」
そうこうしているうちに洗濯機の終了ブザーが鳴りました。
「ワォ。俄然忙しくなってきたぞ。さっさと干して、サクサク食べてから、食器を買いに行きませう!」
急いで物干しに洗濯物を並べ、ホットケーキを平らげ、食器を洗い、いざ買い物に出発!
彼「さて、何処に行くか決めてるの?」
私「ぉぅよー! 丸井のリビングフロアで食器類を安く売ってるからそこに行きたいんだー。ただ気になるのがまだサマーセール期間中か否か、ということ。これはちょっと記憶が曖昧で覚えてないんだけど、とりあえず丸井に行ってみようよ。」
彼「そうだな。イチかバチか行ってみるか!」
私「ぉぅ!」
こうして私たちは一路八王子へ!
道路は空いていたので順調に八王子駅前に到着! さ、セールはまだやっているか…!!??
彼「どぅ?」
私「あー! やってる!やってる!! 良かったー! ここでいろいろ買い揃えようよ!」
彼「うん。そうしよう!」
フロアに着くと二手に分かれ、あれやこれや物色を始めました。
彼「このグラスでビールを飲む、ってどぅ?」
私「いいねぇ?!」
私「ねぇねぇ。このセットを買えば、この夏、楽しい蕎麦ライフを送れそうだよ。」
彼「オォオォー、蕎麦猪口、いいねぇー!」
やはりお買い物は楽しい。(*^^*) ここで気に入ったものをたんまり買い込み、お買い物終了。
そのまま新居へ戻り、就寝しました。
---
ところで明後日、7/20は海の日で会社はお休み。
ということで、私は、明日19日も有休取得することにしました。
わーいわーい!!!!\(^o^)/
…と喜んだのも束の間、彼はお休みできないことが判明。ぐすん。
明日は、私一人であれこれ買い物してきますわ。
スポンサーサイト

テーマ:結婚 - ジャンル:結婚・家庭生活

【1999/07/18 00:00 】 | 未分類 |
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。