スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:-- 】 | スポンサー広告 |
はじめての不動産屋
今日は彼と初めて不動産屋に行くことにしました。
気が早いのでは?とお思いでしょうが、私たちは式より前に新居に入る予定なので、
早速行動開始です。
ということで、今日は11:00に八王子集合!
...が、私が八王子についたちょうどその時、彼から急な仕事が入ったため、遅れる、という連絡が入りました。
自分でもバカだなぁ、とは思うんですが、私はものすごい短気で、5分程度の遅刻でもカリカリしてしまいます。
それが今回30分も遅刻...。
ちゃんと謝ってくれたのにも関わらず、ピーピー怒ってしまい、彼も困惑しています。
 あんなに怒る必要なんて、なかったのになぁ....
後で冷静に考える度、自己嫌悪に陥ってしまいます。
この爆発型の性格、どーにかして直さないとなぁ...
さて、気を取り直し途中で購入した「ふぉれんと」を参考に立川の物件を物色。当初の希望は新婚らしく新築で、だったんですが、これがなかなか新築物件がありません。
こうなれば不動産屋に直撃だ、とばかりに立川駅周辺の不動産屋に入りました。
「立川近辺で2DK以上の物件を探しているんですが。なるべく新築で…」
「お探しします、お待ち下さい」
おっ、脈有り!  …がしかし、
「残念ながら、新築の物件っていうのは4月入居を見込んで建てられるケースがほとんどなので、残ってる物件は、
 ありませんねぇ」
ありゃりゃ。今一歩遅かったかぁ...。しかし、仕方ありません。
めげずに前へ前へ!
「では新築でなくても構いませんので・・・」
妥協すれば、あるもので、いろいろ物件が出てきました。
私たちの希望では立川駅至近で、ということだったんですが、店の人は
「駅周辺は環境が今ひとつなので、あまり人気がありませんよ、立川限定ということでなければ、隣の日野、豊田辺りも検討してみてはいかがでしょうか」
そうなのか・・・、駅周辺は環境がねぇ。この辺りの話は地元の方に聞くのが一番です。
と、ここで彼の携帯が鳴り響きました。
 あらら?
彼は携帯を片手に店を出て行ってしまいます。
取り残された私と店の人....。うぅむ、話を続けなければ...。
ここまで話をリードしてくれていた彼がいなくなった途端、沈黙の時が流れていきました。
「えぇと、立川からモノレールという手もありますよね、そちらの物件も見せて頂けますか?」
やっとの思いで切り出す私。(^^;
「はい、こちらになりますが」
慣れた手つきで資料を見せてくれました。
 ほぅほぅ。結構あるなぁ。ムム? この民賃ってなんだ?
「あのぅ、私、不動産屋に来るのが初めてなので、何も分からないのですがこの”民賃”って何ですか?」
「これはですね…」
だんだんと会話の内容が濃くなっていくのに、彼はなかなか帰ってきません。
ほぼ、物件も出尽くした頃、やっと彼が戻ってきました。しかし、時既に遅し。
あとは物件の資料をコピーしてもらうだけです。
「あのね、かくかくしかじかで、ここまで話したから」
ちょっと怒り気味に彼に話すと
「あ、モノレールの時刻表があったら、そのコピーももらえませんか?」
おっと、忘れていました。あぶないあぶない。
資料をもらい、店を出て開口一番、私の怒濤が彼を直撃しました。
「なんで出て行っちゃったのよ、私一人残されても困るよ。大事な話してるんだから、電話の電源切っておいてよ!!」
「いや、急用のお客さんだったから。困ってるようだったから、障害対応してくれる会社に取り次いであげたんだよ」
「仕事と新居の件とどっちが大事なんよー!!」
今日二度目の大爆発です。
「だいたいねぇ、何も言わずに出ていってあんなに長い間戻ってこないなんて、どーゆーことよ。一言言ってくれれば、
 いーのにさ」
私の怒りは留まるところを知りません。(-o-;
私がブーブー言いながら、次の不動産屋に着きました。
「お客さんだって困ってたんだから、自営業にとってお客さんは命なんだよ、困ってるお客さんを放ってはおけないんだよ」
そうこう言いながら、店内に入り、前の店と同じように物件を紹介してもらいました。
いくつかの物件情報が前の不動産屋とダブっていましたが、ここでも気になる物件の資料をいくつかもらい、店を出ました。
ちなみに、気になる物件の定義とは…、
  ?2DK以上であること。(和室<洋室)
  ?最上階であること。角部屋ならなお良い。
  ?駅から歩いて行けること。
  ?家賃・駐車場などなど
あとは、間取りですね。多角形の部屋では家具の配置に苦労しそうなので、なるべく長方形の部屋構成がいいですね。
2軒目の不動産屋を出たところで、不動産屋巡りTimeUpです。
あとは日没まで気になる物件を見に行くことにしました。
私の怒りはこの時になっても収まらず、彼にチクリチクリと不満を言いながら物件巡りが始まりました。
しかし、築年数が10年以上の物件は「愛の巣」には程遠く、4?5年の物件は、綺麗だが交通の便が今ひとつ、といった感じで、決め手を欠いたままこの日は日没を迎えました。
引き続き機嫌の悪い私でしたが、彼の連れていってくれたラーメン屋が想像以上に美味しかったことで、ほぼ復活。
(我ながら子供並みの情緒だなぁ...)
無事家まで送り届けてもらってこの日は終了、明日は新宿へ行きます。
スポンサーサイト

テーマ:結婚 - ジャンル:結婚・家庭生活

【1999/04/03 00:00 】 | 未分類 |
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。