スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:-- 】 | スポンサー広告 |
寝具・カーテンを購入
今日は定時後、約束通り、彼と寝具・カーテンを購入するため、会社の前に車を停めて待っていてくれました。
「ありがとー!では早速イトーヨーカドーに出発だ?!!」
「なんか調子いいなぁ…。(^-^;」
あきれる彼の車は一路、イトーヨーカドーへ! 
その車内での会話... 私はどうしても彼に言っておきたいことがありました。
「あのさ、この前の日曜日はどうもありがとう。私の我が儘で一人きりの買い物をさせちゃって悪かったね。ちゃんと御礼を言わなくちゃ、と思っててさ…、ということで今日はこうして改めて言わせて頂きました。」
「あぁ、いいよ、そんなの…、別に。(^-^;」
「こーゆことは心の中で思っていてもいいことかもしれないんだけど、やっぱり口に出して言わないと伝わらないかなぁ、って。そのうち以心伝心が出来るようになるとは思うんだけど、それまでは、感謝の言葉はキッチリ言わせてもらうよ。」
「別にいいのに?。(^-^;;」
明らかに嬉しそうな顔をしながらひたすら照れる彼。フフフ。
さて、車はイトーヨーカドーに到着。
早速‘暮らしのフロア’を目指します。ここには寝具やカーテン以外にもバス用品、キッチン用品など数多く品が揃っています。
「ほぉ?。思ったよりいろいろあるもんだねぇ。」
「ね、案外バカにしたもんじゃないでしょ。それにこのセールの山! 今が買い!って感じでしょ。」
「そうだなぁ。」
オォ、彼も段々乗り気になってきました!
「じゃ、早速、カーテンを見ようよ!」
「そうしよう!! あっ、こんな所でゴザを売ってるぞー! 夏だなぁ?。こんなのもあるといいんじゃない?」
「ォィォィ、まずはカーテンだって!! ゴザなんてどーでもいいから。(-o-;」
彼を無理矢理カーテン売場へ引きずっていくワタシ。
「ほら、まずは厚地のカーテンを買わなくちゃ。測ってきた寸法は180×180だから、この100×178を2枚でどう?」
「そうだな。色はどうしようか?」
「そうだねぇ…。 なるべく単色で飽きのこない色がいいと思うんだけど。うぅ?、これは迷っちゃうなぁ。」
「だったら、これなんて…」
言いかけた彼を突然制して、私はあるコーナーを指さしました。
「あっ、ねぇねぇ!! このコーナー、全部2割引だよ!! 2割引は大きいぞ!!ここから選ぼー!!」
「えっ?!(^^; あっ、そう? そうする?」
てな具合で私に強引に2割引コーナーへ連れて行かれる彼。
#あぁ、今日の彼は引きずられてばかりですねぇ…。(^^;
こうして、厚地のカーテンは薄いベージュのカーテンに決定!ベージュであれば、洋間・和室ともこれでOKですし。
続いて、レースカーテンです。
これが案外難航しました。
やはり目玉の2割引から選びたかったのですが、なかなかおめがねに適うものが見つからず、割引のない良いカーテンを選びかけました。
…が、やっぱり、2割引コーナーで妥協しながら購入。
#こーゆーのって、後で後悔しちゃうのかしら。ドキドキ...
さ、休む暇はありません。次は寝具のコーナーへ!
「私たち、ベットじゃなくて、和室に布団でいいんだよね?」
買う前に再確認です。
「うぅ?ん。ベットがいいんだけどなぁ。でも和室だし、布団でもいいかなぁ。」
「確かに、ベッドは上げ下ろしがない分、楽ちんなんだけど、部屋も6畳と狭いし、とりあえず布団にしない? もしどうしても布団で不都合がある時に、ベッドにすればいいんだから。」
「それもそうだなぁ。じゃ、まぁ…、布団にしとこうか。」
あぁ、またも彼をねじ伏せ、布団を購入することに決定!
さて、今時の布団というのはシングルサイズとセミダブルサイズがあるんですね?。
普段、寝具のコーナーに行くこともなかった私は、初めて知りました。
「さて、大きさはどうしようか?」
「オレはセミダブルがいいんだけどなぁ。」
「うぅ?ん。でも、もし彼のイビキがうるさいときに避難できないと困るから、シングル2つにしようよ。」
「えぇ?!! 最近は静かに寝てるよ、オレ。」
「いんや、分からないぞー。逆に私が彼を蹴っ飛ばしちゃうかもしれないし。シングルの方がお互いの身の安全が保証できると思うんだけど。どうかな。」
「せっかくだから、セミダブルに…。」
しかし、ことごとく彼に決定権のない寝具選びは、シングル2つで決着。ダハハハ?!
#なんだか、セミダブルってこっぱずかしいような気がする、ってのが私の本音なんですけどね。
 2人でイチャイチャしながらセミダブルに収まる姿には憧れるのですが、私の柄じゃぁないな、と…。(^^ゞ
お次は、掛け布団選びです。
これからの時期の布団ですから、タオルケットのような軽い布団でOK。ということで軽い布団を探します。
「軽いものといえば、タオルケット、ズバリでもいいような気がするけど、せっかくだからこれにしない?」
と私が指さしたのは、西川の羽毛布団!! ドドーン!!
「ギョッ! これ、高いんじゃない?」
「いやいや、私が勧めてるぐらいだもん、高いわけないじゃない。ホレ、これもセール品なのさ!どーだ!」
「オォ、恐れ入りました。 確かにオレも羽毛の方がいいなぁ。 良かったぁ?。ついにオレの意見が通ったぞ!」
「はい、次はシーツと布団カバーだよ、ホレホレ。」
「チョットー、オレの話聞いてるかー!!!!(=_=#」
ドタバタコメディーのような私たちはシーツ・布団カバー売場へ移動です。
「おおおおおおおお。シーツと布団カバーがオール1,000円のワゴンを発見! ここで買うぞー!」
相変わらず、貧乏根性丸出しの買い物を展開する私。
しかし、ここには盲点が…。
「このワゴンから選ぶ場合、シーツと布団カバーがお揃いにならないねぇ…。」
「うぅ?ん。そうだねぇ…。」
しばし悩む私たち。
「仕方ない…。お揃いじゃなくても安いものにしょう」
「えっ!? えっ!? そうなの? それはサビシーのですが…。」
寂しがる彼。
「ま、いーでないですか。似たような色合いであれば、お揃いじゃなくてもノープロブレムさ!」
「そう? ま、いいか。」
妥協することの多い彼は既に諦めの境地です。(笑)
最後に、ふと通りかかった寝具売場で彼の枕を買うことにしました。
「そんなに枕欲しいの?」
「うん。」
「私は今自宅で使っているのを持っていこうと思うんだけど、彼は新しいのがどーしても欲しいの?」
こりゃもう、ほとんど母親が子供をなだめる口調です。
「うん。是非。(*^^*)」
「はぁ…。ま、しょうがない。じゃ、OKしましょ。でもこのセール品から選んでね。」
「1,500円均一...。(;_;) でも、欲しいからいーや。」
結局、ここでそば殻の詰まった重たいマクラを購入。
ふぅ?!!! 終わったーーーーー!!!!
全部会計してもらって、彼の車までえっちらおっちら、大きな荷物を抱えていきました。
「よっしゃ!! 車に入った!! これで送料がかからなくて済むーーーー!」
こうして、ドケチな買い物はなんとか終了。(笑) 夕飯を食べた後、お互い帰路につきました。
スポンサーサイト

テーマ:結婚 - ジャンル:結婚・家庭生活

【1999/06/30 00:00 】 | 未分類 |
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。