スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:-- 】 | スポンサー広告 |
はじめてのドレス試着
昨日の打合せで決まった通り、今日ははじめてのドレス試着をすることになりました。定時退社後、四谷へ直行!
四谷の駅前で待ち合わせ、…のハズが彼の姿がありません。
「聖イグナチオ教会のある出口って言ってたのに、いないじゃん。時間通りに来れるって言ってたのに、いないじゃん。」
あぁ、また私の短気の虫がムズムズと動き出しました。
 リンゴーンリンゴーンリンゴーンリンゴーン・・・
教会の鐘が6時を告げています。しかし
 ほぅ、この教会って時間になると鳴るんだ?。なんて素敵なのかしら?☆
なんて思う間もなく、怒りの電話を鳴らしました。
「どっちで待ってんのさ。私はバッチり聖イグナチオ教会が真ん前に見える駅出口で待ってるんだけどさ。」
「あぁ?あ、分かった。そっちにも出口があったのかぁ?!今行くから待っててね。」
走ってくる彼。
「あっちで待ってたんだよ。こっちにも出口あったなんて知らなかったから。」
言い訳も聞かず、いつものように文句タラタラなた私。
#いつもながら、私って待てない人ですなぁ…。(他人事のよーに言うな!!<彼の心の声)
「もー、聖イグナチオ側出口って言ってたのにさ。(ブツブツ)あれ?そうえいば、車で来るって言ってなかったっけ?」
「来てるよ。先に来て、駐車場に停めてあるんだ。」
 あぁ、やっぱりちゃんと先にきて待っててくれたんだ。出口の間違いくらいで怒っちゃいかんね。
思い直した私は、怒りを静め、店に向かって歩き出しました。
5分ほど歩くと店に着き、佐々木さんにご挨拶。そして早速試着となりました。
「どんなのが着たいの?」
「それが、ハッキリとしたビジョンがなくて説明しずらいんですけど…。袖がレースで、なるべく長袖で…」
「ふむふむ。そーいったものも何点かあるし、全く考えていなかったようなデザインもあるから、好きなだけ試着してみるといいよ。」
「はい。宜しくお願いします。」
「えぇと、おまえ(彼)は…、今日は試着いいよな。」
佐々木さんの一声で本日、彼の試着はナシに決定! 
#レンタルショップにおける男性って、刺身のつま、とんかつの横のパセリ程度のものなんでしょうね。
そしてここからは佐々木さんから女性店員にバトンタッチ、ドレスチョイスに入ります。
「こんなのもいーし、こんなのもいーなぁ...。どれもいいなぁ。ここから選ぶなんて、む、む、難しすぎる…。」
「…。(^^; そうですねぇ、こんなのはいかがですか?こちらは今年春の新作なんですよ。」
「お、新作!! じゃ、それ着てみます。」
こんな調子で4着ほど候補を出し、それぞれを試着することにしました。
1着目を着て、鏡の前へ立つと、‘今、買ってきました!’てなカメラを持って、立ちつくす彼と目が合いました。
「なにぃ、それ、買ってきたの?」
「そぅそぅ。」
「まったくぅ、使いかけのカメラがあったでしょーに。何故それを持ってこない…(怒)」
せっかくカメラを買ってきたのに、この言われよう...あまりの仕打ちに悲しむ彼。(苦笑)
「よくお似合いですよ。」
ドレスの微調整をしている店員さんからよくある‘常套句’を言われ、ほくそ笑む私を突然彼がパチリ。
「なになに!! ちょっと何か言ってから撮ってよー!! 全然用意してなかったから、ボヤ?っとした顔だったよ、今。ヤダァ。」
「自然な表情がいいかなぁ、って。」
「ヤダ?。今度は『ハイ、チーズ』って言ってね。」
「あぃあぃ。」
こうして一気に4着を試着し、今日着た中から仮予約するものを選ぶ段になりました。
「どうだった?どれが一番良かったと思う?」
彼に感想を聞いてみました。
「う?ん、どれも良かったけど…。」
「それじゃぁ、全然、参考にならんので、もうちっと考えてほしいんだけど…。(-_-;」
そう言われて考え込む彼...
「えぇと、お悩みでしたら、今日は一着に絞らなくてもいいですよ。次に来る時に1着に絞って頂ければそれで結構ですので。」
「えっ!!そうですか!じゃ、今日は半分の2着に絞ろうよ。」
そして熟考の末、ようやく2着に絞り、仮予約を終えました。
「今日はどうもありがとうございました。」
「いーよいーよ。仮予約しても変更可能だから、またおいで。」
佐々木さんに見送られ、店を後にする私たち。
ドレスを着終えた女性というのは、何となくルンルンするもので私も例外ではありませんでした。
「やっぱり着てみて良かったなぁ?。るんるん。」
「どれも甲乙付けがたいから、選びにくいよなぁ。」
「そう?そーゆー時は『オレの好み』で言ってもいいんだからさ。積極的なご意見よろしくね。」
「分かったよ。」
「あ、そーいえば、写真て何枚撮ったの?」
「ひとつのドレスにつき、前後1枚ずつ撮ったから、全部で8枚だね。」
「で、何枚取りのカメラを買ったの?」
「15枚撮りと24枚撮りがあって悩んだんだけど、結局24枚撮りにしちゃった。」
「なぜ、15枚にしない…(怒)」
またも怒られる彼。(苦笑)
こうして今日のブライダル活動は終了しました。
スポンサーサイト

テーマ:結婚 - ジャンル:結婚・家庭生活

【1999/06/17 00:00 】 | 未分類 |
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。