スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:-- 】 | スポンサー広告 |
今日も式場巡り
本日は強行軍。今日中に3つの式場を見るつもりです。しかし暑い!今日は夏日ですね。
朝10:00にJR大塚駅そばのホテルベルクラシックで待ち合わせです。
ここは去年出来たばかりの新しいホテルで、屋上に教会を持つ一風変わった造りになっています。
「さすがに綺麗だね?。」
いつものようにブライダルサロンへ行き、館内を案内してもらうことになりました。
今回もブライダルフェアなどの開催日ではなく飛び込みで見学しているので、教会の見学や使用中の会場は見ることは出来ませんでしたが、全体の雰囲気はつかむことが出来ました。
会場の天井も他のホテルに比べると高く、壁や床の装飾も華美になりすぎない雰囲気でとてもGoodです。
「ここも結構気に入っちゃったなぁ。駅からの近さ、施設の綺麗さ、魅力的だなぁ。」
「でも、ここだと庭がないな…。」
何故か彼は‘庭’に並々ならぬこだわりがある模様。
とは言え、私はとっても気に入ったので、見積もりを出してもらった後、仮予約もしてきました。
気分良く、2番目の式場へ。
…と思ったのですが、ここで先週見て気に入った東中野の日本閣でも仮予約を入れようということになり、東中野に寄ることになりました。
「先週とはちょっと状況が変わっていますが、空いているのはこちらになります。」
「ウゥ?ム。確かに空き会場が激減している。こんなことなら先週仮予約入れておけば良かったねぇ。」
「仕方ないよ。あるものから選ぼ。」
彼に促され、昼過ぎから使える会場を仮予約。会場は…、希望の部屋ではありませんが、ここは妥協せざるを得ません。
寄り道を終え、式場巡り再開です。
次は超メジャーな式場・椿山荘!…の予定でしたが、駐車場が満車で、待ち時間は30分以上、とのこと。
「どうしよう。先に3つ目の方へ行った方がいいかなぁ。」
「そうだな。そうしよう。」
後ろ髪を引かれながらも、椿山荘を後にし、次なる目的地は八芳園です。
ここも去年秋に全館改装を行った式場で、場所は白金台になります。
「なんか敷居が高そうだねぇ…。ってことは、きっとお高いよ、ここ。」
「ま、見てみなくちゃ分からんだろ。さぁ、行こう。」
まっすぐブライダルサロンに向かい、中を見てびっくり! 大混雑です。
「少々お待ち下さい。」
と椅子に座らされてから20分くらい待った頃、ようやく担当の方がやってきました。
「お待たせしちゃって、ごめんなさい。」
物腰のやわらかいおばさまが担当です。こちらから希望を告げ、館内の案内をしてもらいました。
エレベータで会場のあるフロアを回ります。やはり、去年改装したばかりなので、どこの会場も綺麗。
更に、私たちの目を引いたのが館内全体に広がる落ち着いた雰囲気。
絨毯から、壁、天井、全てが落ち着いた造りで、更に、エレベータホールから見える庭園が美しく、見る者を魅了します。
庭好きの彼(笑)も、大いに気に入った模様です。
「オレ、ココにするわ。」
「ち、ちょっとぉ…。(^^」
私もまんざらではないのですが、ここは押さえ役に回りました。
一通り見終わると、やはり次は気になる見積もり。
彼は俄然やる気を見せ、見積もり次第では即決したい!ぐらいの鼻息の荒さで、見積もりを待ちます。
「お待たせしました。こちらのパックプランをお使いになりますとこの金額になります。」
「・・・・!!!!」
見てびっくり!
どんなにお高いのかしら、とドキドキしながら待っていた私たちに提示された金額は、これまで見たホテル・式場と大差なく、私たちの希望予算内に収まっていました。
即決を迫る彼を制止し、とりあえず仮予約して、ここを出ました。
「ここに決めたいな、オレ。今まで見たどこよりも良かったでしょ。」
「うん、まぁね。でも私はもう少し見てから決めたいな。」
「そぅ?」
「私も八芳園はとっても良かったと思ってるんだけど、日本閣のような会場セッティングの自由度がないってのがチョット引っかかってて…。」
「そっか。じゃ、納得するまで見ようか。」
「うん。そーしよ!!」
ここで八芳園を去り、椿山荘へ再チャレンジ!…と思ったのですが、時計は既に18:00を回っており、本日はここでタイムアップとなりました。
「ねぇ。仮予約の期限は一週間。それまでに椿山荘と目黒雅叙園も見ておきたいんだけど…。」
帰りの車中、彼に提案してみました。
「また何で?」
「私の中では、椿山荘・雅叙園・八芳園って‘三大高い式場’って頭があってさ。今回八芳園であれだけリーズナブルな見積もりを提示されたってことは、他の二つの式場もひょっとしたらひょっとするかも、と思って…。リサーチしてみたいんだけど。」
「でも、もう日がないぞ。」
「平日に時間とれる日ない?」
「そうだなぁ、火曜の午後は時間とれるかもしれないけど。」
「じゃ、とりあえず、火曜の午後、私も会社を半休するから、一緒に見に行こうよ。」
ちょっと無理なお願いでしたが、時間を取ってもらい、火曜に最後の式場巡りをすることになりました。
スポンサーサイト

テーマ:結婚 - ジャンル:結婚・家庭生活

【1999/05/23 00:00 】 | 未分類 | コメント(0) |
<<本日は休戦 | ホーム | 目黒雅叙園と椿山荘>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。