スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:-- 】 | スポンサー広告 |
ナンパ
先日、酒好きの友人と一緒に飲みに繰り出した日のこと。
一軒目の小料理屋で旨い酒と肴に舌鼓を打ち、二軒目のワインバーではボジョレヌーボーをしこたま頂き、久しぶりにベロベ

ロになってしまった私。
翌日が休日ということで、リミッターがぶち切れていたのでしょう。
帰りの電車で究極的に気持ち悪くなり、「駅まで彼に迎えに来てもらおうかな」と考え、携帯を取り出しました。
ですが、あまりに情けないこの有様に彼が興ざめしてしまう恐れがあったので (かろうじて理性があって良かった)、一旦出し

た携帯を断腸のおもいでしまい、歩き出しました。
途中、コンビニでお茶を買い、
お酒をこれで中和するのだ
という稚拙な考えで飲み歩いていると、背後から車が近づいてきました。
男「すみませーん。○×街道に行きたいんですけど…。」
どうやら迷子になっているようなので、気持ちの悪さを押さえつつ笑顔で対応。
私「それなら、戻って左折すると出られますよ。」
そつなく返答を済ませ、お茶をもう一口と思っていると
男「今、時間あります?乗りませんか?」
とよくあるナンパ口上を曰うではありませんか!
少々驚きながら、笑顔で「ノー」と告げ、その場を後にしました。
…が家に帰ると大騒ぎ!
酔った勢いも手伝って
 ナンパされたぁ?!実に久しぶりだぁ?!
 まだまだ女として通用するのだよぉ?!
 ふぁっふぁっふぁっ!
などと旦那に報告しながら部屋を駆け回ったり、踊ったり、と狂喜乱舞してしまいました…。
どうやら、ナンパ前まで私の前までしがみついていた理性が、北風と共に飛んでいってしまったようです。
こうしてあれほど危惧していた「彼に呆れられる」という憂き目に遭ったワタクシでありました。
自業自得ながら、あぁ、情けなや…。(*_*)

w087.jpg

スポンサーサイト

テーマ:結婚後の生活 - ジャンル:結婚・家庭生活

【1999/11/24 00:00 】 | 未分類 |
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。